11月度「MyDO!ゆんたくの会」(11月7日開催)

違う業種のノウハウは役に立たないと思っていませんか?
自分の業種ではあたりまえの事でも、業種が変われば思いも付かないノウハウがたくさんあります。
色んな業種の人たちが集まって、お互いのノウハウを出し合い、悩みを解決していく。
そんな集まりが、

「仲間と一緒になって学ぶ場をつくる」~やるべきことが発見できる~
    『MyDO ! ゆんたくの会』 です。

同じ立場の仲間が集まり、お互いの悩みを発表し、各人の課題をいかに解決していくかをコンサルタントを交えて全員で考えて意見交換をします。
講師が一方的に話すセミナーに参加するのは敷居が高いと感じている方にも、同じ立場の仲間が集まる勉強会なら参加しやすいと思います。

◆他業種の話を聞いても役に立たない
◆新事業を始める予定はない

待って下さい!

本当に他の事業の話を聞いても無意味でしょうか?

私は通信販売コンサルタントをしています。
通信販売事業の市場規模は今年中に10兆円を超えるとされています。小売業のランキングもコンビニに次いで2位(コンビニで展開されている通信販売部門を含めると、コンビニを抜いて1位)になっています。
顧客と直接接することのない事業なのに何故成長を続けているのか?
その理由として、現代の社会に合っている事業と言うことも当然ありますが、他のどんな事業よりもマーケティングのノウハウが蓄積されているからです。

もちろん通信販売のノウハウをそのまま違う事業に利用することはできません。
通信販売ノウハウを自分達の事業に合わせて変換させ活用することが必要です。

私は今まで通信販売事業社以外を対象とするセミナーを数回実施しました。受講社数は200社ほどになります。
その時のセミナーアンケートでは、
●役に立った                   61
●役に立つかはわからないが、話が聞けて良かった 30
●役に立たない                 9
という結果でした。

役に立ったとお答えいただいた企業の事業内容は以下になります。
エステサロン、果物販売店、印刷会社、仏具販売店、呉服店、広告代理店、理・美容室、接骨院、歯科医院、飲食店、土産店、和菓子製造販売店、洋菓子製造販売店、食肉卸店、農家、宿泊施設、紙製品製造、電子部品製造、木工品製造販売、酒類製造業、看板店・・・。

いかがですか?

全く違う業種のノウハウを知ることは必ずあなたの事業の役に立ちます。

通信販売の業務であたりまえに行っていることが、他の業種では思いも付かないことが良くあります。

他の事業の話を聞き、自分達の事業に役立てましょう!

【「MyDO!ゆんたくの会」に参加いただくと、こんな悩みが解決できます】
●現状の課題・問題点を解決したい
●広告を効率良く利用したい
●新たな知識や情報を得たい
●利益が出る仕組みを作りたい
●沖縄の魅力を全国に発信したい
●価格競争に巻き込まれずに商売したい
●異業種や意識の高い方々と出会いたい
●お客様を呼べる店づくりがしたい
●観光客を永遠の顧客にしたい
●通信販売事業に参入したい
●新しい商品を開発したい
●たくさんの人からアドバイスを受けたい ・・・等

日時:平成28年11月7日(月)18:00~20:00
参加費:3,000円(税込)/回
(希望の回のみ参加OK)
会場:Tab’spot(タブポット)
(那覇市東町20-7 TBCビル2F)
申込方法:oishi★mssolution.biz(★を@に変えて)まで
メールにてお申し込み下さい。
※当日、飛び込み参加も大歓迎

主催者:株式会社エムズソリューション 大石 真
◆通信販売実務コンサルタント
◆顧客心理実務コンサルタント
◆顧客リピート化実務コンサルタント
◆ラジオショッピングシナリオライター
●ミラサポ(中小企業庁委託事業)専門家
●公益社団法人沖縄県産業振興公社専門家
●沖縄県商工会連合会専門家

昭和38年兵庫県尼崎市生まれ。
株式会社ミコー(現・株式会社山田養蜂場)入社をきっかけに岡山県に移住。
株式会社山田養蜂場では、社長の側近として企画から各部署の管理、指導等で活躍。
売上げ9億円から160億円に伸びた5年間に在籍し、会社の成長に貢献した。
株式会社山田養蜂場を退職後、個人で通信販売コンサルタント事業を始める。
近年は通信販売事業支援のみならず、顧客リピート化を願う他業種からの依頼も増えている。

平成27年1月には処女作となる「ビジネス図解 通販のしくみがわかる本」(同文舘出版株式会社)を出版
ジュンク堂書店那覇店・リブロリウボウブックセンター・Amazonで好評発売中。
「MyDO!ゆんたくの会」参加者には同書差し上げています。

cv

 

【何故、大阪のコンサルが沖縄県で勉強会を実施するのか?】
セミナーや講演会を全国で実施していますが、那覇で開催するセミナーでの受講者が一番多いことに驚きました。理由としては、沖縄県内には通信販売事業や顧客リピートを専門に扱う専門家がいないこと、本土に向けての商売に興味を持つ企業が多いことだと思います。
しかし、県外からコンサルタントを呼ぶとなると、コンサルタント料金だけでなく、交通費も負担しなければいけないため、なかなか呼ぶことができないのが現状です。

さらに、昨年から今年にかけて津山商工会議所(岡山県)にて「創業特化型相談窓口」の曜日担当専門家として携わらせていただきました。その際の相談者は通信販売事業者はわずか1割程度でしたが、多くの方が通信販売事業の手法を学ばれ、自社の事業に活用されました。

定期的に私が沖縄を訪れ勉強会を開催することで、多くの企業のお手伝いができるのではないかと思い、今回試験的に1年間開催することになりました。