テレマーケティングが迷惑だという間違った認識

  • 2021.06.11

    多くの会社が間違ってるから、テレマーケティングに対する評価が低い。
    “テレマーケティング”とは「テレフォン+マーケティング」の造語。電話を利用してマーケティング活動をすることを言います。
    しかし、多くの会社がその内容を理解していないが為に、お客様から嫌がられて、電話を拒否する人が多いのが現実です。
    さらに近年においては、電話で強制的、詐欺まがいに売り込もうとする輩まで出てくる始末。
    電話を掛けて商品を売りつけるのは“テレマーケティング”ではなくテレホンセールス。
    “テレマーケティング”の本来の目的は、お客様像を的確に捉えて、お客様が欲しい有益な情報を提供し、双方の信頼関係を築くことが目的。双方の信頼関係を築くことにより、お客様の満足が得られ、その結果商品を購入してくれる。
    通信販売ではリアル店舗と違いお客様と会ってやり取りすることはできないんで、“テレマーケティング”は非常に重要です。特に健康食品や化粧品などお客様ひとりひとりに合わせた情報提供が必要になってきますから特に重要。
    通信販売の現場ではコールセンターのコミュニケータが最前線の営業マンになることを忘れないでください。