通信販売するなら必ずやりたいテストマーケティング

  • 2021.06.15

    通信販売の現場ではほとんどの会社がテストマーケティングを実施します。
    テストマーケティングは通信販売事業の大きな魅力の一つです。
    どの媒体で広告を打てば響くのか、どの媒体から獲得した顧客のリピートが良いのかをテストするために、少額でテストしてみて使える媒体を見極めてから本格的に始めるだけでなく、良く利用されているのが、ABテストと言われてるものです。
    主にクリエイティブのテストや訴求のテストの時に用いられてます。
    2種類〜の訴求の切り口や掲載画像を比較する場合などがあります。
    しかし、多くの会社がやってしまっている間違いがあるのが、2種類の訴求切り口と2種類の掲載画像同時にテストしてしまってる場合。
    訴求のテストなのかビジュアルのテストなのか、どちらが影響したのか判断できなくなってしまいます。
    テストするためには、テスト結果からどのようなことを得るのかを予め決めていればこんなことにはならないのですが。
    テストマーケティングに限らずアンケートもアンケートの結果からどんなことを得るのかを予め決めておかなければ、アンケートを取ることが目的となってしまうので注意しなければいけません。